京都大学宇治地区では、1970年から化学研究所・極低温物性化学実験室が中心となって研究用寒剤の供給業務を執り行ってきましたが、2002年4月の京都大学全学組織・低温物質科学研究センター(LTMセンター)の発足に伴い、低温物質科学研究センターが管理・運営を行っています。

宇治地区の地域事情や歴史を鑑み、現在、以下のような体制で低温物質科学研究センターと化学研究所が協力して寒剤供給業務を行っています。

【運営】低温物質科学研究センター宇治地区寒剤供給部施設管理運営委員会

【実務】低温物質科学研究センター宇治地区 専任教員、技術職員

【事務】理学研究科事務部(吉田地区北部構内)

 低温物質科学研究センター(宇治地区)の管理・運営についての連絡先

 寺嶋孝仁

 低温物質科学研究センター教授

 Tel:0774-38-4530(内線:宇治4530) Fax:0774-38-4530

 E-mail:terashim (+@scl.kyoto-u.ac.jp)

 寒剤供給実務についての連絡先

 楠田 敏之

 化学研究所技術職員・低温物質科学研究センター兼務

 Tel:0774-38-4357(内線:宇治4357) Fax:0774-38-4374

 E-mail : kusuda (+@scl.kyoto-u.ac.jp)